新商品が多い国

あらゆる業界が、物が売れなくて困っています。
これは、日本に限った話ではありませんが、それでも日本は特にこの厳しい環境がひどいと思われます。
なにせ、世界で一番「新商品」が多い国だからです。

ためしにテレビを付けて見てほしいのですが、化粧品からお菓子、ゲームに至るまで新発売の文字が躍っているのではないでしょうか?
そんな世代交代がはやいアイテムの中でも、とりわけ回転率が高いのが化粧品だと言えます。
化粧品とは、いわば時代の気分を売る商売なので、時代のニーズが変われば次々と新しい商品をリリースするわけです。

そんな化粧品が、ここ最近はさらに新商品のリリースラッシュが続いているようなきがします。
それもそのはずで、OEM業者が活躍しているからです。OEM業者とは、他社ブランド商品を自社のラインで生産する形態をさします。
OEM業者を活用すれば、ブランド企業のラインを稼働させることなく、色んな商品を生産することができます。
つまり、OEM業者を活用することで、自社のラインではなかなか採算が合わない商品も市場に投下することができるのです。

化粧品で忘れてはならないのは、物流システムです。化粧品は、温度管理が非常にシビアなので、物流資産だけでなく物流拠点にも温度管理を徹底させなくてはいけません。
物流過程は、まさに消費者まで商品を届けるための機能なので、重視するべきポイントです。

関連リンク

男性用化粧品を専門的に取り扱う通販サイト|ザス-zas
オーガニックの化粧品ランキング
化粧品や健康食品のOEMなら|有限会社ビ・ムーブ

年間140件以上の化粧品のoem製造の実績を持っているコチラに依頼すれば製品の処方開発、企画等、様々なサポートがあります!

カテゴリー
  • カテゴリーなし